借金は人間関係を壊すというのは、どういう理屈から来ているのか、借りる側はあまり意識をしていないかもしれません。
というのも、借金には「借りる側」と「貸す側」がほとんど立場的に入れ替わることはないのです。

借りる側は、「返したんだからいいよね」と借りたお金を返済した時点で、
自分のマイナス的な要素は0になっているように思うのでしょうが、貸した側は実はそうではありません。
特にお金を貸しているのに、一緒に外出などをして食事などをするのを見ていると、
こういうときはお金がないから倹約するものじゃないのか、などといったもやもやした気持ちが、どことなく残ってしまうからです。
このもやっとした感じは、返されても0になることはなく、どこかにマイナス1といった数値として残りがちです。
ですから、借りた側は0になったと思ってまた気軽に借金をお願いし、
貸した側は新たなマイナス1がもう一つ増えて、すっきりしない気持ちが重なったことで、人間関係を壊してしまうのではないでしょうか。
実際、借金は家族や、会社などにバレたくないですよね。
結局のところ、バレないで債務整理などを行うのがベストだと思います。